青色申告で節税の方法

4月 4th, 2014 by admin
Categories: コンサルティング

自分で税金の申告を行なう人は増えているようですが、個人事業を行なっている人では、自分で税金を計算して申告しなければなりません。売上が1,000万円を超えているときは、
控除額が高くなる青色申告を行なうという人が多くなります。これは、法人でなく個人事業ですが、法人とみなすみなし法人として扱われています。

この申告については、自分で行なうという人が多いとされていますが、青色申告なら節税効果が期待できるため、法人とするめに行う人が増えています。しかし、青色申告書の作成は大変です。みなし法人とされている申告では、消費税の計算や減価償却を行なう必要があるのです。

これは、税金の計算に詳しい人でないとできるものではありません。そこで、青色申告では、控除額が大きく節税効果があっても税金の計算が大変であることから、税理士を活用するという人が多いとされています。

品川区でも中小企業や個人事業主が多くあります。このような企業でも青色申告を利用しているという人が多いことから、品川区にもたくさんの税理士が活躍しています。

売上が多い場合、税理士を活用したほうが効果的とされています。手間もかからず、納税においても確かなものとなります。
参考:品川税理士.com

Leave a Comment